お知らせ
就任のご挨拶

「思いやりの心、おもてなしの心を地域に」

2020〜21年度 志摩ロータリークラブ テーマ

 

 2020年〜21年度、会長就任に当たりご挨拶申し上げます。

 入会より20年の年数が経ちましたが、その重責に身が引き締まる思いでございます。

 今般の新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、PETS、地区研修・協議会が中止となり、私自身次年度の大役の抱負を語る事は胸が痛む思いでございます。

 今まで経験した事の無い大変な時に、クラブ会長!? 「出来るかな」・・・と不安に思いましたが、剱田廣喜ガバナーの「ロータリーはこれまで幾つもの危機を乗り越えて100年の歴史を誇ってきた職業人の集りで、職業奉仕の実践とは世の為、人の為にお役に立つという奉仕の心を持って、自分の人間形成を図らなければなりません。それがロータリアンです」とのお言葉が、私に勇気を与えてくださいました。

 また、地区の方針である「伝統的日本ロータリーの文化を輝かせ、真のイノベーションへ」を基に、志摩クラブもロータリーの本質である「職業倫理」を胸に、週1回の例会を持ち、自己研鑽して社会に役立つ奉仕活動に繋げていきたく思っております。

  志摩クラブのテーマである「思いやりの心、おもてなしの心を地域に」は、・支え合い、助け合いの気持ちを持つ・心に愛情を持つ・地域の方々への支援・地元で頑張っている他の事業者とともにおもてなしの出来る環境を考える・「三重とこわか国体」等へのおもてなしの協力・「新しい生活様式」へのおもてなし等を会員皆さんと考え、一人一人の心を一つに出来たら、との思いを託しました。

 皆様のご協力をいただきながら、1年間健康に気を付けて志摩ロータリークラブの発展のため、微力ながら一生懸命努力して会長の任務を果たして参りたいと思います。

 また、会長経験のある幹事小林教郎さんと二人三脚で頑張って行きますので、会員の皆様のご支援とご協力をいただきますようどうかよろしくお願い申し上げます。

2020-2021年度

志摩ロータリークラブ第32代会長

橋爪 淳子